フェイシャル脱毛するサロンを選ぶ際

ビューティーを学ぶくん

TOP PAGE >フェイシャル脱毛するサロンを選ぶ際

□フェイシャル脱毛するサロンを選ぶ際

フェイシャル脱毛するサロンを選ぶ際は、肌の状況や脱毛方式などによって施術できる場所が微妙に違うので、できる部位とできない部位とを細かく確認するのが大切です。
光脱毛は、黒い部分(メラニン)に反応する光を照射するため、目の周囲に施術することはできません。



目の周囲ということは、眉(のまわり)の脱毛もできないということです。ダメージやキズのある部分も避けて行いますので、シミ・ホクロ、炎症している箇所や治っていないニキビも避けて施術することになります。
施術が終われば、すぐにメイクも可能ですが、脱毛後の素肌は敏感になっているのでメイクを落とすときの強いクレンジング剤の刺激で周辺の肌に影響することもありますので、メイクをするだけでなく落とすときのことも考慮した上で、ある程度のメイクに留めるようにしたほうが無難です。

メイクの有無によらず、こすったりするのは意外と刺激になりますので、水滴や汗などはタオルでそっと押さえるようにしましょう。たくさんのサロンで脱毛を掛け持ちすることはアリかナシかといったらアリです。掛け持ち禁止の脱毛サロンなんてないので、全く問題ではありません。


むしろ、掛け持ちをした方がコストを抑えて脱毛できます。

各脱毛サロンで料金を変えているため、料金の差を上手に利用してください。



しかし、掛け持ちするとたくさんの脱毛サロンに行かないといけないので、労力が必要になります。
自分でやりにくい脱毛の場所として背中があります。思い切ってプロに任せませんか?背中を意識してみませんか?人の目をくぎづけにできます。
アフターケアもやってくれる脱毛サロンに何度か行ってツルツルのすてきな背中にしましょう。背中がツルっとしていたら大胆な服だって着れますし水着だって平気です。ついこの間、友達と共に脱毛サロンに脱毛をしに行ってきました。お試しモニターとして行ったんですが、私にあっているメニューを聞くと、全身脱毛コースが人気があると言われました。


サロン自体も綺麗な内装で待っている間もゆったり過ごせました。施術も素晴らしく、店員の愛想も良く、大変魅力的な内容でした。
当たり前ですが、脱毛サロンでの勧誘行為はあまり評判がよろしくありません。
でも、最近、勧誘をしないということを宣言しているところもあります。そういう脱毛サロンに行けば、しつこい勧誘を受けることがなく快適に過ごせますから通いやすいでしょう。
今日、口コミ情報は瞬く間に拡散することは、サロンもよくわかっていますので、勧誘しないことをはっきり謳っているところであれば勧誘してくることはまずありません。脱毛サロンに足を運ぶその前に、施術箇所の無駄毛をやっつけます。実際に施術をしてもらうとなると、施術前には、自分の無駄毛をあらかじめ、処理しておきます。


ムダ毛処理をするときは肌への負担が大きくない電気シェーバーをよく使います。カミソリで施術前の処理を行うと、施術直前はよくありません。

カミソリでかぶれてしまうと、施術をおやすみしなくてはなりません。
光脱毛の施術を受けた日には、お風呂に入れません。

シャワーを浴びたい時にはボディソープを使用することなく、ぬるいお湯を使用して、優しく浴びるようにすることが大切です。又、デオドラントスプレーを使用することや、薬を飲むことはしないほうが良いでしょう。それに、刺激の少ない保湿剤を使ってお肌を乾燥から守ります。

そして、体温が上がってしまうような行為や発汗はしないようにしましょう。RINRINはお客様を大切にする脱毛サロンとして口コミで人気が広がっています。


他の脱毛サロンでは効果を実感できなかった人が紹介されて行ってみると、RINRINを最初に選んでいればよかったと悔やむそうです。契約店舗以外の店舗へ通うこともできますし、丁寧な接客のスタッフで相談もしやすいと評価が高いです。それだけでなく、ジェルを使わずに施術をするので時間を有効に使うことができます。

光脱毛は時間も短く負担の少ない施術ですが、施術できない方もいないわけではないため、ご自身が該当しないかどうか確認してみてください。これは絶対断られるというものとしては、「ムダ毛を抜いてきた」方です。

とてもきれいに脱色されている場合もダメです。



黒い部分がないと光脱毛の効果が得られないからです。
妊娠中の方はストレスを避けるために、光線過敏症、光アレルギー、紫外線に過敏だと思われる方も施術を受けられません。

日焼けについて言えば、毎日の生活上のものでしたら構いませんが、スポーツやイベントなどによる一時的な日焼けは、すでに肌にダメージがあるため、断られてしまうでしょう。

肌の状態が良くない方は、どちらもすでに肌にダメージがある状態ですので断られるケースがあります。サロンではどのような状態が受けられないのか教えてくれると思いますが、もともと持病のある方、市販・処方を問わずいつも服用しているお薬のある方は、サロンでの脱毛方法を確認して、医師に相談してみてください。


都度払いできる脱毛サロンも珍しくなくなってきました。まとまった額を前払いしたり、ローンを組んで月々払いしなくて済みますし、サロン通いが続かなければお金の心配なしにやめられるので都合の良い方法です。しかし、都度払いの時は料金が高めに設定されていることが多いです。多少なりとも費用の節約を考えるなら都度払いはやめておいた方が無難かもしれません。



Copyright (C) 2014 ビューティーを学ぶくん All Rights Reserved.
top